スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスジェネの逆襲 読んでみた

2014年2月7日(金)

IMG_2233.jpg


池井戸潤「ロスジェネの逆襲」をKindleで読了。
実に快適でございます。
混んだ電車の中でも、片手でOK。画面にポンポン触れる
だけでページがめくられます。
久しぶりに「読み進むのがもったいない」と思うほど面白かった
のでございます。
しかしながら、早くめくりたいのも事実。
読みたいの?読みたくないの?どっちなの?やっぱ読みたい
てな具合で、一気読み。

去年驚異的な視聴率をたたき出した半沢直樹の続編です。

ロスジェネとはいわゆるバブル崩壊後の「失われた10年」に
就職しなければならなかった世代。
ま、いわゆる就職難というやつです。

その世代の部下森山と、バブル組と言われる半沢が組んで繰り広げる
「倍返し」物語り。ネタバレになるので多くはかけませんが
胸のすく事、必殺必中仕事人なみでございます。

さて、今回すこし「まいった」のは半沢が話す部分です。
半沢のセリフをアタマが勝手に堺雅人の台詞回しに置き換えて
しまうのです。
それどころか、飯を食うシーンとか笑いながらのけぞるシーン
とか堺雅人が演技しちゃうのです。

こういうのを「当たり役」というのかもしれません。
堺雅人以外では演じて欲しくないほどです。

この本では意識的に世代論を闘わせています。
作者の池井戸潤は私と同じ1963年生まれなので、団塊の世代を
よく思っていないのは感覚的によくわかります。
どもちろんどの時代でもどの国でも良いやつはいるし悪い
やつもいる、という事は重々承知の上です。
今回は半沢の部下が「バブル世代」を軽蔑するような羨むような
発言をします。バブルの人たちは楽に就職できていいよなあ〜と。
半沢は嘆いていてもしょうがない、目の前の仕事を頑張るしか
道はないのだ、というような事を言います。

私たちも「新人類」とかいわれてちょっと笑われました。
私の長男君は「ゆとり世代」とかいわれてちょっと頼りなく
思われているようです。

長男君(20歳)くらいの人に言っておきたい。
どんな時代でも、今が恵まれていないと感じても、目の前の
事を一生懸命やっていると、10年くらい経つと上の世代から
声がかかるものです。必ず、必ず声はかかる。
「おい、一緒にやろう」とかそういう事です。
この10年の積み重ねは大きい。世代なんか関係ネーです。
積み重ねず後悔してる私が言うのだから間違いありません。
とほほ。


今日も読んでくれて有難うございますね。

スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

部屋を活かせば人生がかわる・・・か・・・。

2014年1月17日(金)

IMG_2071.jpg


部屋を活かせば人生が変わる。
この本にはこうあります。

人生がうまくいく人とうまくいかない人を分けているのは
能力ではなく、環境です。

部屋が変わればあなたの意思は自然に強くなり
眠っていた能力が引き出されるからです。


以前も書いた事がありますが、大前研一は人生を変える方法は
3つしかないと言っています。
1 住むところを変える
2 友達を変える
3 生活パターンを変える
です。
一番無駄なのは「決意」すること。

でも、この3つはなかなか大変。
今度の休日でちょちょっと出来るものではありませんね・・・。

この本では、家具の配置、必要なものを見直しなさいと言っています。
簡単に言うと「模様替え」
ただ、それを「気分」でやらないという事です。
「何となくこっちの方が便利かも」とかこういう何となく。
これ、いけない・・。

重要なのは流れ。
「掃除の流れ」「洗濯の流れ」「食器洗いの流れ」
流れが遮断されると、億劫になり、汚れが溜まり、部屋が汚くなり
やる気がなくなる。

この本を読むと「なるほどな〜」がたくさんあります。
仕事柄、イベント等での人の導線を考える事があるのだけど
まさしく自分のうちでも同じなのでした。
風水とか啓発の本ではないので安心を。
もっと、物理的な話です。
僕の場合は
いきなり片付けをしてはいけません。
部屋に掃除の道を通すのです!

という帯のコピーに引かれました。
最近のマイブームが「片付け」なもので。

おおよそ今日のまとめ
そりゃあ、部屋が汚くても幸せなひとや、楽しい人や
クリエイティブな人や人生うまくいっている人は大勢います。
でもね、何かを変えたいと思っているなら、手っ取り早く
模様替えなんかいかがでしょう?
「何となく気分転換」ではなく「理由のある」模様替えです。

今日も読んでくれて有難うございますね。








テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

しないことリストは48円

2013年12月27日(金)

IMG_2032.jpg

朝、今年最後の通勤電車に揺られながら僕にとって人生で「やらない」って
決めるとすればなにかなあ、と考えていました。

と、Kindleの書籍のセールにこんな本がありました。

あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」中島孝志
な、なんとKindle版はタイムセールで48円。即購入。

あのですね、48円って、おつりやで。普通。
因に紙の本は840円でした。

この手の本は息の長い商品では無さそうだから別にKindleで
安く売ってもいいのだろうし、今時原稿はデータだろうから
トランスファーの手間もたいしたことなさそうです。

それにしても48円。
こういう仕事効率とか自己啓発っぽい本は「トホホ」なものも
あるのですが何しろ48円ですからね。
失敗してもかまいません。
つか、ポジティブに考えるとtrial&errorが楽にできるということでも
あります。Kindleは。

おおよそ今日のまとめ

しかし、いい歳してtrial&errorしてる場合かとも思わないでもないけど
考えてみれば病院選びも墓探しもtrial&errorのようなもんだから
人生、そんなもんということですね。


今日も読んでくれて有難うございますね。



テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

Kindle Paperwhite買ってみた

2013年12月13日(金)

1年の熟考を経てKindleをついに購入。(長すぎたかおる)
ボーナスもわずかながら出るという事で。
僕が買ったのはKindle Paperwhiteというもので9980円。
最も安いタイプで読書に特化したものです。
タブレットとして使えるカラーのものもあるのだけどあえてやめました。

機能に関しては、たくさんのところで語られていますので割愛。

1週間ほど使ってみて、レコードからCDになった時くらい感動しました。
ま、感動っつうか、どんどん本はこうなるな〜という感じ。
厳密に言うとアナログからデジタルなのでCDからiPodなのだろうけど
レコードのように長年つきあってきたものがCDにあっという間に変わって
しまった時のようなイメージに近いです。

いくつか感想です。

僕は東海道線で約1時間、通勤電車に乗るわけですがまず第一に
目が疲れません。もうね、老眼にはiPod(とかスマホとか)画面はキツいです。
KindleアプリをiPodに入れて何冊か読んだのだけどキツかったなあ。
あとトンネルから出て急に背中から太陽光が当たってもこの画面は読みやすい。

軽い。
料理用のスケールで実物を量ったのだけど212g。
感覚的に言うと600円オーバークラスの文庫本の重さですが、400円クラスの
文庫本に近い。薄くて平べったいからだな、たぶん。

IMG_1975.jpg
司馬遼太郎全講演集660円 203g
IMG_1977.jpg
ミッキーマウスの憂鬱490円 153g


あと、こういう持ち方しなくていい。
IMG_1967.jpg

右手つり革だと本はこう持たなくてはいけません。小指がつってきますよね。
さらに、混んでるとページめくれませんよね。
僕、顎でめくったりしてましたもん。
指を触れるだけでページがめくれちゃう、快適〜。

IMG_1968.jpg


そして読書に特化したKindle Paperwhiteにしてよかったなあということ。
あえてタブレットとして使えるものにしなかったのは読書に集中したかった
からです。本は本としての機能だけで十分。タブレットだと
ちょっと油断すると本からはなれてネットに時間がとられる。

映画は映画館で、読書はKindle Paperwhiteで。

まだまだタイトルは充実してるとは言いがたいけど、伊坂幸太郎や池井戸潤あたりの
売れ筋はどんどんデータ化しているようだし、あっという間に新刊は全て
データになるはずです。だって、便利だし簡単なんだもん。
これ、CDを触った時と全く同じ・・・・。

おおよそ今日のまとめ
今なら1980円分のクーポンがついてますよ。
僕は2冊(冊っていうのか?)買いました。

今日も読んでくれて有難うございますね。







テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

実録あるこーる白書 西原理恵子 吾妻ひでお

2013年12月11日(水)

IMG_1970.jpg


元アルコール依存症の漫画家吾妻ひでおと
依存症の夫に悩まされた漫画家西原理恵子の対談形式の
本です。
漫才のようなやり取りで深刻な話が展開されていきます。

健康診断とかでγ—GTPの値に関して「やや高い」とか
書いてありますよね。このやや、がいいのか悪いのかわかりません。
ま、普通の大人(お酒を飲む人)はまあ、ややならいいだろうとか
思うわけです。
しかし数値を調べると「やや」ではないのではないか?と考えるに至り
少し心配になり、こうやって本を購入してしまった次第です。
ややこしいですよね、ややって表現。
ま、はっきり書けない事情が(医療裁判とかもあって)あるのだろうな。
本読む前に医者に聞けって話ですけども。でも、読んでから・・・。

さて、この本を読むとγ—GTPとアル中は別問題のようです。
もちろん、無関係ではないと思いますが。
たとえ話ですが、花粉症のようなものと書かれています。
つまり人にはそれぞれコップのような容量があって、ある日突然溢れると言う考え方ですね。
怖いですね〜。
これ、自分でコントロール出来ないですものね。

さて、残念ながら依存症になってしまった人の話が延々と語られる
わけですが、途中から西原理恵子の悲惨物語。
これが面白い(というと失礼だが、本人は漫画家さんなので本望かも)。

乳飲み子を2人抱えてアル中の旦那の罵詈雑言に耐え、それでも漫画を
描き続け自身も鬱病になり・・・・・。

それでもどこかで「これはネタになる」という本能が働いていたとしか
思えないほど悲惨。旦那の垂れ流すうん○拭いたりね・・・。

少し悲しく、面白く、ためになる(ま、僕の場合)本でした。
お酒を飲むダンナがいる女性にもどうぞ。
依存症の基礎知識は高まりますよ。
必要ない??
ま、準備と思えば。

おおよそ今日のまとめ

奥さんに読んで頂かんといかんな。
さりげなく居間に置いとこ。

今日も読んでくれて有難うございますね。







テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

おおよそプロフィール

ヨゴ  ヒデユキ 

Author:ヨゴ  ヒデユキ 
神奈川県茅ヶ崎市在住。
おはようございます。
こんにちは。
こんばんわ。

おおよそ天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おおよそつぶやきジロー
おおよそスポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。