スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーマネント野ばら、横道世之介、観てみる

2014年2月3日(月)

休日にDVDで「パーマネント野ばら」と「横道世之介」を観了。

「パーマネント野ばら」は高知県が舞台。離婚して実家に戻った
菅野美穂と娘。地方のどうしようもない閉塞感がよく出ています。
なんちゅうか、中学生ならば「大人になったら絶対にここを出てやる」的
な閉塞感です。実家のパーマ屋さんを中心に日常が丁寧に描かれます。
男運の悪い女、スナックで生きていく女、そこに通う男、ヒモの男、
そういうのが出てきます。女優さんがちんこちんこ言ってます。

こういう日常淡々映画はビデオで、ま、いっかと思っちゃうのですが
映画館で観とけばよかったなあと、少し後悔。
高知の大きな風景を映画館で観た方が、より閉塞感が感じられて、結果
感情移入できて、んで、楽しめたのになという感じです。

最後の10分くらいに切ないミニどんでん返しありますよ。

さてもう一本の「横道世之介」は、今の私にはテンポが辛かったです。
バブル期の大学生の日常を、これまた丁寧に描いているのですが
なんか丁寧すぎてシーンが長くて冗長な感じがしました。
ていうか、これもまた、映画館で「観るぞ」気合いを入れないと
本当の面白さが伝わらないのかもしれません。
ほら、気が散るでしょう?部屋だと・・・。
冷蔵庫やトイレがそばにあるのも考えもんです。
そういう意味では便利とか楽チンとかは「感動」の敵なのかもしれません。

これまた、最後の方にネタバレ注意的な仕掛けがあるので、気になる方はどうぞご覧くださいませ。

因にこの2本は同じカメラマンで近藤龍人という人。「桐島、部活やめるってよ」
もこの人です。う〜ん、青春。

さてですね、この映画の主演は高良健吾(こうらけんご)という人なのだが、どうも私
区別がつきにくい人があと2人います。
岡田将生(おかだまさき・読みにくいなあ〜)と三浦春馬(みうらはるま)でございます。
あのですね、負け惜しみじゃなくて5秒くらい経つとわかるんですが
「ぱっと見イメージ」が同じなんです。そんなことない?
向井理フォロワー的な(語尾を上げて読んでね)

IMG_2223.jpg

高良健吾

IMG_2226.jpg

岡田将生


IMG_2225.jpg

三浦春馬

オッサンの僕の不徳の致すところなんだけども、あまりにイメージ
近くない?(語尾上げ読みで)

若い諸君に言っておきたい。
今は君もオッサンの事を笑っているだろうが、必ず私のようになります。
私の父は「柏原よしえ」と「榊原郁恵」の違いがわからなかった。
テレビを観ながら「これどっち?」とか言ってた。
全然違うじゃん。

今日も読んでくれて有難うございますね。



スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

映画と小説は疑似体験だよ

2014年1月24日(金)

1月に入ってから、「ゼロ・グラビティ」「ジャッジ」「永遠の0」
と3本映画を観ました。

この3本の共通点はピンチにどう対処するのか?という事です。
宇宙空間での絶体絶命のピンチ、仕事での理不尽な状況でのピンチ
戦争でのどうしようもないピンチ。

映画や小説の素晴しいところはピンチを疑似体験できるところに
あると思います。
僕たちの経験するピンチなんてものは数的には知れています。
そして、現実のピンチに出逢った時に、数々のピンチを「知っている」
ことが問題解決の糸口になると思うのです。
ま、知っているというか「あれ、あのシーンに似てるな」とか
あの主人公みたいだなあ、今の俺、とかそういう事です。

こういうのはハウツー物や勉強では理解できても思い出せないの。
ピンチの時には冷静に10数えましょう・・・とか本で読んだとします。
こういう話って読んだ時はいいのだけど忘れちゃう。
偉人の名言集とかも付箋つけても忘れちゃうでしょう?
でも、映画の主人公がそうしていたとすると思い出すと思うのです。
あ。チャップリンの映画にあったな、とか、ロッキーであったなとか。

ピンチだけじゃなくて、誰かを好きになったけど理不尽に振られるとか
そういうのも疑似体験する事は、実際にも生きるはずで。
なんちゅうか、そういう疑似体験がないと自分で「悶々」とするしかなく
例えばストーカーとかに繋がったりするんじゃないか。

ピンチをどう切り抜けるか、ピンチをどう受け流すか、そんな事を疑似体験できるのは、映画、小説、あと、漫画ですね。

ワコード諸君に言っておきたい。
悪い事言わんから、小説と映画に時間を使った方がいいよ〜。
マジで。あ、なんでもいいんですよ。


今日も読んでくれて有難うございますね。


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

ゼログラビティは映画館で

2014年1月3日(金)

ゼログラビティ。公式サイトはこちら

宇宙空間。
スペースシャトルでの作業中にアクシデント。
宇宙ゴミの直撃を受けて全ての機能が失われた。

酸素がない。
手段がない。
誰もいない。

主人公は帰れるの〜〜〜〜っつう物語ですね。

宇宙空間での3D映画はうってつけ。
この映画は、映画館で観るしかないでしょう。
絶体絶命の空間は「死を覚悟する」瞬間がよく描かれて
いると思います。

つくづく思うのだけど、映画館で映画を観るというのは
携帯とネットを「そこにいるみんなが共同で」遮断して
楽しむ本当に数少ない空間です。

映画は映画館で。

今日も読んでくれてありがとうございますね。







テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

感動を伝えるという事

2013年12月22日(日)

アイデアを伝えるという事を考えていたら
感動を伝えるという事についても思い出しました。
小林幸子が「男はつらいよ」に出た時の話。

小林幸子は売れない演歌歌手の役です。
レコードのチラシを自分で配って、そしてみかん箱の
上で歌うのです。
歌い終わってお客さんが去っていくと地面には配ったはずの
チラシが全部捨てられて落ちてる・・・・。
小林幸子はそのチラシを悲しげに一枚一枚拾う演技をしたそうです。
そのとき、山田洋次監督はこういいました。

「小林さん、後ろ姿が売れたあとの歌手になっていますよ」

こういう事です。
この歌手は30年間ずうっと売れていないのです。
チラシを拾う事は日常茶飯事になっています。
だからチラシを拾う時には淡々と拾わなくてはならないんです。
特別な事ではなくて、いつものように当たり前のように拾うんです。
映画の観客は「ああ、この人は30年間ずうっとこうやって生きてきたんだな」
と感じ、そこで初めて哀れに感じる。
ここで「哀れ」がきちんと伝わるからこそ後に成功した時に感動させる
事ができるわけです。

おおよそ今日のまとめ
こうやって映画を観直すと面白いですよ。
つまり「どうして私は感動したのか」「どこに感動したのか」
という事を自分で考えるという事です。
ま、一度目は素直に感動してくださいね。二度目以降で。
それにしてもヤラシイですね、山田監督は・・・。
観察してるんです、人を。
どういう行動が哀れなのか、どういう行動がズルイのか、どういう行動が
惨めなのか、みたいな事をずうっと観察してるんだと思います。
そのあとの感動のために。
まんまと感動する僕。

今日も読んでくれて有難うございますね。


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

佐野元春 Film No Damageを観てつまらない大人を考える

2013年9月12日(木)

IMG_1578.jpg

若き佐野元春の映画、ノーダメージFilm。
ヒューマントラストシネマ有楽町。

1枚目BACK TO THE STREET、2枚目のHeart Beat、3枚目のSOMEDAY
あたりまでの、初期のハートランド黄金期。
SOMEDAYは1982年5月21日リリース。
僕は19歳でした。
それこそレコードがすり切れるほど聴いた3枚。
つまらない大人にはなりたくな〜い という歌詞に感化されないわけは
ありません。

さて、その大人になったわけです。
とっくの昔に。

多少面白い大人にはなったとは思うのだけど、つまらなくない大人か
どうかはわかりません。
そもそも、つまらない大人の定義をせずに、たんに「なりたくない」と
叫んでいる、アホな学生だったような気がします。
会社と家を往復するサラリーマンを漠然と「つまらない大人」と思って
いたのなら大間違いだった。そう思ってたふしがあるなあ、俺。

つまらない大人とはなんだろう。
サラリーマンがつまらない大人でミュージシャンがつまらなくない大人
というわけではない事、はわかった。www。
外見や仕事や家族構成や、ましてやお金や家や車やそういう事じゃない。
そういう事も、早くに気がついた。
けど、じゃあ、つまらない大人ってなんだ?

つまらない大人ってなんだ?なんていい歳して考えてる大人が
つまらない大人か? 俺か? そうか? そういえなくもない。
子供は、つまらない青年にはなりたくない!なんて考えないものね。

おおよそ今日のまとめ

佐野元春が僕のヒーローだった事を再確認。
めちゃ、かっけーよ、ナツばっぱ!
つまらない爺さんにはなりなくない〜でいくか。
こりゃ、結論でないな、臨終まで。

今日も読んでくれて有難うございますね。



テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

おおよそプロフィール

ヨゴ  ヒデユキ 

Author:ヨゴ  ヒデユキ 
神奈川県茅ヶ崎市在住。
おはようございます。
こんにちは。
こんばんわ。

おおよそ天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おおよそつぶやきジロー
おおよそスポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。