スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習院と茅ヶ崎の田舎の小学校と子供たち

2010年3月24日

愛子様と我が家の娘ちゃんは同じ学年ということもあり
ここのところの報道は、他人事ではないのでした。

で、何気なく、娘ちゃんに

「あのさ、クラスでさ、授業中に歩き回る子供とかいるの?」

と聞いてみた。

「まあまあ、たぶん、いる」という。

彼女のまあまあは絶対という意味なので、なんとも茅ヶ崎の
こんな田舎の子供も、やはり、そういう学級は不思議ではないのだなあと
ということです。

学習院という学校自体の問題ではなく、これは日本の問題なのであって
個別に、悪者を捜してもしょうがない気がしますね。

で、

昨日読み終えた本。

「下流思考 学ばない子供たち 働かない若者たち」
 著者・内田樹  講談社文庫

生まれながらにして、消費者である子供たちは
教師(教育)に対しても「等価交換を求めている」と。

「僕は1時間こうして先生の授業を受けるのだから
先生は、僕たちをあきさせない努力をする義務がある。それが
出来ないのであれば、僕は自由に過ごす。僕の責任ではなく
能なし教師、あんたの責任だ」

という感じかな。

ちょっと乱暴な言い方ですが、この本はもっとちゃんと
説明してますからね。
それにもっとちゃんと書いてあるのですが、それは読んで頂くとして
この本には、膝をたたくことがすごく多かったです。

この本に書いてあることが本当だとすると(僕はそう思う)
「躾」とか「武士道」とか「おばあちゃんの教え」とか
「昔の日本を取り戻そう」とかそんなことでは解決しないと
いうことがわかる。

もう一冊。

「日本の安心はなぜ消えたのか」
著者・山岸俊男  集英社

も同じように、膝を打ちまくります。

昔の日本人は純朴で、和を大事にしていて
なんていうのはウソで、そうせざるをえない社会だったからで
その方が得だからそうしていたに過ぎない・・・、

という話が書いてあります。
しかもちゃんと実験をして証明をしています。

うすうす、昔の日本人はえらくて、今の日本人は堕落しているという
理論はおかしいなあ~と思っていたので、本当に面白い本でした。

昔も今も、同じバランスで「いい人も悪い人もいる」し
教師も会社もプロ野球選手も東大生も同じバランスで
「いい人もいるし悪い人もいる」というのが、感覚的にわかります。
だって、どうしょうもない教師って、いたもん、昔、ねえ?
軍隊には陰湿ないじめがあったっていうのは事実でしょう?
ネグレクト(育児放棄)だって、昔からあったでしょう?



面白いです。(楽天ブックスへ)


これも面白い。(楽天ブックスへ)

いろいろ、たまには考えさせられます。

精神論ではなにも解決しない事がわかります。
読んでみてくださいね。

春の暖かい日にね。





今日も来てくれて、本当にありがとうございま~す。





次郎。




この本、面白いわ。
↓ホントだよぉ~勢いでクリック。
スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

おおよそプロフィール

ヨゴ  ヒデユキ 

Author:ヨゴ  ヒデユキ 
神奈川県茅ヶ崎市在住。
おはようございます。
こんにちは。
こんばんわ。

おおよそ天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おおよそつぶやきジロー
おおよそスポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。