スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊文春と戦争と茅ヶ崎のラーメン

2011年4月28日(木)


P1000570.jpg


週刊文春の最新号にこんなことが書いてある。

3月12日午後3時40分過ぎ。
突然、共通系の無線で騒がしい声を傍受した。
「福島第一原発、1号機以上発生!」
「爆発の可能性あり!」

ヘリ乗組員から、その報告が飛び込んだ。
「『あづま』から本部!至急!至急!原発、1号機、
 白い煙が上がっている!煙は北へ流れている!」

この緊張感はまさに、戦争のようです。
一度に2万人以上が死んだり行方不明になるなんて
これはもう、爆弾を大都市に落とされたに等しい。
その上の原発事故。

相手が自然だから、たぶん解説者がいろいろ、ゆるゆる
話してるんだけど、これ、戦争だと思うと「朝生」
なんてぬるいことやってる場合ではないですね。

体育館のおじいさんも、「もっと大変な人がいる」とかひょっとしたら
戦争で死んだ人に比べたら・・なんて思っているかも知れない。

いやいや、戦争と同等の悲惨さなのですよ、がんばらないでください
と言わなくてはいけないかも。

戦場カメラマンの不肖・宮嶋が、
野営だけなら、十九日間にわたるカンボジアのジャングルの方が辛かった。
余震の恐怖よりバグダッドの空爆の方がオトロシかった。
散乱する遺体の数ならアチェの方が多かった。
四半世紀にわたるカメラマン人生で不肖・宮嶋、
世界中の紛争・災害を見てきたつもりである。
しかし、そのどこよりも、東北の地獄よりひどい現場はなかったと断言できる。

と言っている。

福島の原発で作業する20代の自衛隊下士官の言葉。
「どうせ誰かが死ななといけないのなら、妻も彼女もいない
自分のようなものが死ぬべきだ、そう思っただけです」

P1000572.jpg


3月11日以前ならば、週刊誌は大げさで面白おかしく
書いている、という認識でした。
今は、新聞も週刊誌もTVも政治家の発言もTwitterもすべて
同等。
自分で判断するしかないと思います。

P1000568.jpg

さて、帰り道、珍しく流しのラーメン屋がありました。
毎月15日あたりに、茅ヶ崎、海岸付近を流しているそうです。

P1000569.jpg


美味しかった。
毎日ラーメン食べてる。
いかんいかん。

緊張と緩和。

今日も来てくれてありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

おおよそプロフィール

ヨゴ  ヒデユキ 

Author:ヨゴ  ヒデユキ 
神奈川県茅ヶ崎市在住。
おはようございます。
こんにちは。
こんばんわ。

おおよそ天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おおよそつぶやきジロー
おおよそスポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。