スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日とBT'63

2011年11月27日(日)

僕は1963年生まれなのだけど、小学1年生までは
関東にいました。

大晦日になると千葉の家から杉並の母の実家まで
帰省しました。ま、帰省っちゅう距離じゃないけど。
その途中、駅には傷痍軍人さんがいました。

うるおぼえなのでそれがどこの駅なのか
覚えていないんだけど、渋谷だったような気がします。
井の頭線とか東急とかそのあたり・・・。
きも~ち母は、僕たち子供にその姿を見せないように
している感じがありました。

どうしてそういうことを思い出したかというと・・。

BT63


池井戸潤のBT’63。

ちょうど1963年あたりの、好景気のなかの
闇の部分を描いている、どうにもジトッとした、それでも
すんごく面白い本を読んだからなのでした。

傷痍軍人が重要な役割で登場します。
関西に引っ越してから、傷痍軍人さんをみなくなった。

でですね、これがまた、蒲田のあたりの出来事なのです。
居酒屋とか工場とかの描写がジトジトと描かれています。
しかし、ネトっとしてます。

あと、この本は、父と息子の物語でもあります。

今日も来てくれてありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

おおよそプロフィール

ヨゴ  ヒデユキ 

Author:ヨゴ  ヒデユキ 
神奈川県茅ヶ崎市在住。
おはようございます。
こんにちは。
こんばんわ。

おおよそ天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おおよそつぶやきジロー
おおよそスポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。