スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑 森達也 を読んでみる

2013年6月13日(木)

IMG_1156.jpg


死刑 森達也 角川文庫

文庫化に際して、光市母子殺害事件の犯人との面会の
模様が追加されました。

僕のような1960年代前半生まれは、死刑と言えばガキデカ
であり、少しコミカルな響きがあります。
これは、死刑があまりに想像の範囲を超えており、加害者と
被害者とその家族でない限り、ま、考える機会すらないというわけです。

本を一冊読んだくらいでは、偉そうな意見は何も言えないのだけど
「死刑って犯罪制御力があるよねえ」とか
「被害者家族の身になればさあ」とか
「冤罪の可能性はゼロじゃないよねえ」とか
「人の命を法が奪っていいのか」とか
そのレベルの会話は、ちょっと、軽率だなあと思うようになる。
つか、堂々巡りでしかない。

とか書いておきながら、

僕がこの本を買ったのは光市母子殺害事件の犯人との
対話が読みたかったというのが本心であり、下世話趣味そのもの。

おおよそ今日のまとめ

でもね、それでも読んだ方がいいと思います。
死を考える事は、生きる事を考える事だからねぇ。

今日も読んでくれて有難うございますね。







スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

おおよそプロフィール

ヨゴ  ヒデユキ 

Author:ヨゴ  ヒデユキ 
神奈川県茅ヶ崎市在住。
おはようございます。
こんにちは。
こんばんわ。

おおよそ天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おおよそつぶやきジロー
おおよそスポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。